.

ショップでいずれものカードが使えるわけではない▼クレカの契約店舗はだいたい、二、三以上のクレカサービスに入っていますが、いかんせん全てのお店で全てのタイプの所有カードが決済できるわけでもありません。

一例をあげれば旧態然とした加盟店の場合だとJCBのロゴの付いているそのクレジットカードしか使用不可なときもありますしこの頃の商店ではビザやMasterCard印のついているやつしか切れないときもあるでしょう。

ディスカバーカードといったクレジットカードだったら、増して決済できない場所が増えると思います。

何の所有クレカが使えるかどうやって見分けると良いか?「じゃあどのようにしてどの所有カードが切れるかを見分けると良いか?」といっても正しく確かめるとしたら該当店の方に確認してみるほかないというのが実は正しい答えです。

ただし多くの売り場やフードコートにはお店の分かりやすいところとかに使用できるカード会社の案内が入っている認証マークが掲示されていることから「あああの店舗はアメリカンエキスプレスカードが決済できるのね」といったことが分かりやすいようになってるし確認しておいてください。

細かく加入管理が行き届いていない加盟店舗のような場合にはロゴステッカーが貼られているショップでも「ここではお持ちのカードはご決済いただけません」みたいな答えをもらう状況もないわけでもなくメンツを失うようなことだけは避けたいところです。

お勧めとしてはできる限り十分な数のお店でクレカが切れるようにする目的を考えると、もう一つのブランド(欧米圏の会社)がある一般的なVISAカード、マスターカードJCB、ダイナースカード、アメックス、ライフカード、というようなカードを2枚以上は持つようにして欲しいと思います(例えば:ライフカードを携帯しているなら次はMasterCard付属のカードを申し込むとする等)。

日本ではVISA、マスターカード、JCBの3つのカード会社が入っているクレジットカードを常時持っておけば、間違いなく日本全土の加盟店舗でいずれかのカードを差し出すよう準備できていることになります。

カードをいつも財布に忍ばせて有効にポイント取得を目標とするのであればできる限り早めにどんな場面でも支払い可能なカードを申し込んでおいてほしいとおもいます。