.

予期せず、いきなり出会うのが自動車事故です。80-16-135

その状況で何をどうやって判断した結果によって、保険料の支払金も大きく異なる場合も予測できますので冷静な考え方と対処が不可欠です。80-4-135

想像できないアクシデントに遭遇して混乱してしまったら重要な場面を逃してしまい、その先自分が損を受けることも考えられるので自動車の事故に遭遇してしまった時には正確に以下に記述した判断をしましょう。80-10-135

自動車の事故の遭遇した時に一番にしなければいけないのが負傷した人がいるかどうかの確認です。80-9-135

交通事故のすぐ後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまうケースがあり短期間で動くことができないのが当たり前です。80-6-135

だから、怪我をした方がいた場合は危なくない地点に運んで応急な手当して、周りに助けを呼ぶなどを行い要救助者最優先に努めることが大事です。80-15-135

119番に電話をする場合は正確な事故があった場所を連絡して、不明確な場合には辺りの目立つスーパーや地点を伝えて事故が起こった住所が分かってもらえるようにします。80-14-135

その後に警察署へ連絡し自動車の事故が起きた事そして現在の様子を伝えます。80-8-135

救急車とパトカーの到着を待っている時間に事故の相手の内容を聞きます。80-18-135

姓名、連絡先、免許証、ナンバープレートの番号、事故の相手側の自動車保険の会社名と言った互いのことを交換します。80-12-135

その時相手に不手際があったような状態では、その場でやりくりしようとする場合がありますがその場所で解決するのではなくどういう状況だとしても警察署や自動車保険会社に届け出て、調査してもらうことが重要です。

互いの身元を交換したら他者のさまたげにならないために妨げになる物路上から取り除きます。

仮に障害となった物が他人の交通の障害物になっている場合には互いの情報交換をするより先にこれを終わらせてしまっても問題ありません。

そして自分自身の掛金を支払っている自動車保険会社に電話をして、自動車事故が起こった事を報告します。

車の事故から一定時間内で車の保険会社に電話を入れておかないと交通事故の保険の適用外となる状況もあるのでできるだけ素早く行動することが必要不可欠です。

出来たら事故内容の跡として、デジカメや携帯で事故の現場や事故車の破損状態の写真を撮ります。

この写真は過失のパーセンテージ決定するかなり重要なデータとなりますので自らの乗用車や相手方のクルマの破損箇所を全部写真に残しておいてください。

近くに人がいたならば警察の方や自動車保険会社の人が辿り着くまで現場にそのまま待機して頂くように頼むのも必要不可欠です。



80-2-135 80-7-135 80-13-135